manaBrain Retrever

SCSK

manaBrain Retrieverは、
大量の文書から「気づき」を得て
これまでたどり着けなかった
情報を獲得する
AIナレッジ発掘サービス
です。

manaBrain Retriever
だからできること

このようなことで
お困りではないですか?

ABOUT manaBrain RetrieverABOUT manaBrain Retriever

manaBrain Retriever とは

AIから気づきを得て、大量の文書から宝探しのようにナレッジを発掘

manaBrain Retriever ® は、IBM Watson ® を活用したAIナレッジ発掘サービスです。
Retrieverは、大量の文書をAIで解析し書庫に保管します。利用者が任意の言葉で問いかければ、Retrieverは関連性が高い文書と、AIの解析結果を提示します。
AIで解析した結果から気づきを得て、これまでたどり着けなかった知見やノウハウを速やかに発見する。それがRetrieverのナレッジ発掘です。

サービス提供形態

manaBrain Retriever は、IBM Cloud上で提供されるクラウドサービスです。
ブラウザがあれば、すぐに始められます。

POINT

特長

  • 1.探し方は自由!

    自然文の質問内容から、Retrieverは類似する表現や同義語を踏まえて文書を取ってきます。
    キーワードが一致しなくても、近い文書を見つけながら、ほしかったナレッジが見つかります。

  • 2.文書に自動でタグ付け!

    書庫に文書を登録するだけで、Retrieverは内容(テキスト)を解析し、文書にタグを付けます。
    このタグがあれば、文書を全て読むことなく、内容を把握することができます。
    また、タグの情報を見ることで、知らなかったキーワードや、複数の文書に共通するものなどの気づきを得ることができます。

  • 3.AIを活用して多彩に探す!

    言語が違っていても探す
    翻訳機能を搭載。8言語の文書を登録することができ、10言語で探すことができます。

    類似する文書を探す
    取ってきた文書と似ている文書を探すことができます。

    評価をすると学習して探す
    取ってきた文書に「Good」/「Bad」で評価をするとRetrieverが学習し、より自信を持って探すようになります。

manaBrain Retrieverの便利な機能

外部サービス連携

お客様が利用中のクラウド・ストレージ・サービスに格納された文書を持ち出すことなく、Retrieverから探すことができます。
※ Boxに対応。

外部サービス連携外部サービス連携

多言語対応

登録できる文書は8言語に対応。
10か国語で探すことができます。

多言語対応多言語対応

その他にも!

文書の公開範囲を設定できる
格納された文書には、書庫別にアクセス権を設定することができます。
ナレッジを部門や業務で共有する際に情報開示先の管理が可能です。
ナレッジを他社と共有できる
書庫を自社内だけでなく、Retrieverを利用している他社にも安全に公開し、ナレッジやノウハウを共有できます。複数企業での協働・共創が可能になります。
利用状況が一目でわかる
サービス利用者の利用状況、ナレッジの活用状況をグラフで表示するダッシュボード機能があります。
また、文書を検索した履歴も可視化されます。
これらの情報をもとに、一層のナレッジ活用を推進することが可能です。
※ 管理ユーザーのみ利用可能です。

CONTACT

お問い合わせ

サービス内容、ご利用料金、デモのご要望などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ 資料請求